超越者たちの挽歌【レアグレードvsユニークグレード】



・しょうもない茶番をすっ飛ばしたい方 → こちらをクリック
・結論だけご覧になりたい方 →こちらをクリック
・痛い茶番をスルーしたい方 →こちらをクリック
・18歳未満の方 → こちらをクリック








超越スキル:魔法強打







馳せ参じる1






馳せ参じる2









迎撃











始末











S君(おさえろ…怒りをおさえろ……閣下はこのところ、超越ドラツイのあまりのゴミさ加減にご立腹なされているだけなのだ……そう、いわば閣下は被害者。ここは冷静に……)


S君「閣下。よろしければこちらの超越スキr
ゴミ超越

魔法強打lv8
R氏「これでいいか。」

S君(はええ)

S君「…lv20ではなく、敢えてlv8なのは閣下の拘りということでよろしいですか?」

R氏(黙って頷く)

S君(ケチだな)














S君「さて。それでは検証してみましょう。」

R氏「うむ。検証の条件は下記と大体同じになるようにしておこう。」

ドラツイ改検証 → 超越者たちの挽歌【レアグレードの陣】

検証補足 → 【動画検証】超越ドラツイの真実









S君「ではまず、ゴミt…いえ、ドラゴンツイスター改からですね。」



ドラゴンツイスター改_初期


[広告] VPS



ドラゴンツイスター改_攻撃後



R氏「相変わらずゴミだな。」

S君「そうですね。では、次に魔法強打lv8いきましょう。」











魔法強打lv8_初期


[広告] VPS


魔法強打lv8_攻撃後



R氏「…!」

S君「比較してみましょう。」












比較




S君「……!!!閣下これは」

R氏「何かね?魔法強打が有用な事くらい我は最初から判っていたぞ。」
魔法強打lv10

S君(現金な奴だな)









R氏「…ふむ。lv11以降は、どうやら一気に性能が向上するようだ。」

S君「とおっしゃいますと?」

R氏「先ほどまではlv1上昇につき、炎の石1個であった。だがこれを見ろ。」


超越の代償

S君「これは…」

R氏「ここから先はlv1につき炎の石4個だそうだ。それに高額の現ナマまで要求し始めた……これがどういう意味か判るか?」

S君「いえ…(現ナマって)」








R氏「これより先は、生半可な覚悟では進めぬ修羅の道……だがなればこそ、我らはその道を一歩一歩邁進するのみ。そしてその終着駅にこそ!有史以来、我らが希求せし神の力g
魔法強打lv11




強調魔法強打lv11

テッド「ハッ!かかったな!!自らが焚べた炎の石、その後悔の炎に焼かれて落ちな!!!」


最強たる所以

R&S「ぎゃああ」








○結論

・ドラゴンツイスター改…使えません。お金とSPをドブにダンク。
・魔法強打…そこそこ使えそうです。但しlv11以降は魔境です。
・魔力の暴走…欲しいです。


| すべては戦士の地位向上のために【現実弱化90%ドラツイ】ホーム |

コメント

20代半ばですが15000Hzで微かに聞き取れる程度でした

Re: タイトルなし

> いつもの通りすがりさん

クリックのみならず、試していただきありがとうございます。
ちなみに筆者の耳は……いえ、やめておきます。

18歳未満でヤフーの飛ばされるかと思ったら・・・。

ふははっ! 聞こえる! 聞こえるぞぉ!!

そう豪語した彼の耳は
どの段階からそれがただの耳鳴りと化していたのかを今となっては知る術もない。 ~完~

Re: タイトルなし

> 春巻きさん

鋭いですね。実は推敲段階ではYahoo!がリンク先でした。
ということは…筆者は大丈夫ということですね…!なにせかなり早い段階から聞こえません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://miroquois.blog.fc2.com/tb.php/87-31ecc3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ