超越者たちの挽歌【ノーマルグレードの陣】




-フランデル大陸、ハンヒ山脈/ドレム川付近-




ドレム川産クラブ






熱い視線



犬「きっっっっ貴様は!あの時の人の皮を被った悪魔!!!まさか、また訳の分らぬ馬鹿スキルを提案しに来たわけじゃないだろうな…!?」


R氏「口の利き方に気を付けたまえ。今の私を怒らせると……その御身が危ないぞ?


犬「黙れカス!BF秘密中は完全にお荷物な奴が何を言うかと思えば!失せろ!!!」

処刑1


処刑2








処刑3







処刑4












処刑5










処刑6




処刑7













処刑8






処刑9











犬「ば…ばかな……こんなに強いはずが……BF秘密のお荷物戦士だと聞いて……」


R氏「(黙って下を向く)


犬「…し……しかし…………いや、まさか……その動きは…!」

犬「昨今巷を騒がせているというあの……ち、超越者、なのか!?」


R氏「…その通りだ。今の私は超越者…常人ではたどり着けぬ領域に足を踏み入れてしまった咎人。それ故に、運営の犬である貴殿では、もはや指一本たりとも私に触れる事すら出来ぬぞ。」
超越者の証




犬「くっ…こんなことならば超越スキルについても情報を集めておくべきだった!」


R氏「おやおや。仮にもスキル判定員ともあろう貴殿が、超越スキルについては何もご存じなかったとは意外だぞ。」


犬「悔しいが……今回の超越スキル実装に関しては、スキル判定員の私にも全く事前相談が無かったのだ。恐らく運営様の思いつきで戯れに実装されたものと推察していたが……それがまさかこれほどの性能とは…!!!」




R氏「それは当然というものだろう。なんせこのスキルを得るためには
ドロップしないやつ

やたらドロップ率の悪いクエアイテムを50個も集め、

超越の書の代償

書物製作という名目で法外な袖の下を譲渡し、

超越者の証2

加えてスキルレベルを上昇させるだけでもこれだけの対価が必要なのだ。



犬「これは!既存のシステムである覚醒スキルに比べても、明らかに力の入れようが違う。しかも何だ、ランダム追加ダメージというのは……これもやはり既存のスキルに比して異質……なればこそ、今回のこのシステムは開発様、運営様の本気が垣間見える……!!!」








R氏「どうやら今回ばかりはそのようだな。ちなみにたったlv1に上げただけで、これだけの性能となる!」
超越スキル詳細


犬「……!!!これは!!!」


R氏「本物を目の当たりにして、ようやく悟ったか。そうだ、これが”真なる超越者”だ。ひれ伏すが良い!!!

犬「ぐがあ……!!!しかしこれを目の当たりにしては……ひれ伏さざるを得ない……!!!!!」







犬「こんなゴミみたいなスキルを、

lv900以上のキャラクター限定で実装してしまった

開発様・運営様サイドにも…!


そしてあまつさえそれを取得した”超越者”である貴様にも……!

様々な意味でひれ伏す以外あり得ない!!!!!!」















???「…へぇ。長い付き合いだけど、初めてだな。」















テッド様降臨
テッド「君がそんな事を言い出すとはね。」




犬「っ!!!?!??!?!!!!!!!!??

て、ててててテッド様!?!?!?」



テッド「ゴミみたいなスキル……か。スキル判定員の君に言われると耳に痛いなぁ。」


犬「いえそのテッド様、あの、そのアレです先ほどのそのゴミとかというワードはですね、いわゆる言葉の綾と言いますか、実際にゴミであるかどうかという定義とは違…」



テッド「…」


犬「………」









犬「ワ、ワワワワ…オーン!レッドストーン最高だワオn
テッド様の御怒り







テッド「…君にはもう使い道がないね。名もなき冒険者に還るといい。」










テッド式垢BAN











テッド式垢BAN2














テッド「…さて。」












相まみえる

テッド「君ともそれなりに長い付き合いになってきたけど……移動落ちじゃ懲りないみたいだし。
ついでだから消えてもらおうか!


R氏「黙って聞いておれば、相変わらずこまっしゃくれた餓鬼よ!
イ=ドゥオチの根源、ここで断ってくれるわ!!!

相まみえる2











相まみえる(ぼやー)
to be continued...



| すべては戦士の地位向上のために【現実弱化90%ドラツイ】ホーム |

コメント

うわぁぁぁん!
続きはよはよ!
ちなみに、、、
オレのブックマークは「鬼の居ぬ間にドラツイ」のままですぜ(^_-)-☆

Re: タイトルなし

> 引退したハックルベリーFさん

ありがとうございます。引退した方からもコメントを頂けるとは。
何となく続き物にしてはみましたが、昔から広げた風呂敷を畳むのは苦手です。

画面フリーズしててテッドの思惑通りになってて草
移動落ちではなく強制終了かな。

Re: タイトルなし

> 蒼の戦死さん

ありがとうございます。
確かに、フリーズ直後にウインドウ吹き飛びますしね。鋭い視点です。
最近は前触れのない強制も頻発するので、それもまた困ったものですが…。

前からうすうす思っていた…
イ=ドゥオチって…

テッドのスキルだったんだ…(´・ω・`)

Re: タイトルなし

> の○んさん

ありがとうございます。
筆者はそのように理解しております。
ただテッド一人の仕業にしては、昨今の移動落ちの頻度はどうにも高すぎる気がしてなりません。何か他に隠された別の真実が…?

初めまして!
いつも笑わせてもらっております!

しかし・・・これは何とも続きが気になる終わり方ですね(´・ω・`)
続き・・・お待ちしております。(自分のペースで頑張って下さい、気長に待ってます!)

Re: タイトルなし

> どこかのアチャさん

こちらこそはじめまして。
コメントをいただいたお礼に、ここで続きの一部を。
テッドはこれまで数々の悪行を成してきましたが、実はそれは田舎にいる病気がちなお祖母ちゃんを勇気づける為ではないのです。

タイトルから、すわ超越ドラツイの話かと思ったけど いつも通りの記事で実家のような安心感を感じました

Re: タイトルなし

> 通りすがりの元ドラツイさん

ありがとうございます。
実家とは良い響きです。言われてみると帰りたくなるような。
超越ドラツイに関してはいずれ何か書きたいですが、アレに6万ものSPを注ぎ込む価値があるかといわれると…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://miroquois.blog.fc2.com/tb.php/81-568e261e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ