スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【赤石×リアル】 戦士と電話ボックス(実物)



案山子と剣士(題科白)

赤石世界×現実世界。
それすなわち禁断の領域。







前回、および前々回の記事において、ジャンプの高度が何メートルだとか、ハウリングの射程は何メートルだとか、現実における長さの単位メートル(m)で表記したことがあったかと思う。


この赤石における長さの単位を、現実世界にそっくりそのまま適用したら、どうなるだろうか。



貴君らはそのような妄想をしたことがあるだろうか。

余談だが筆者はほとんど毎日している。




妄想することの是非はともかくとして、なぜこのような体たらくになってしまったのか、その理由自体はいくつか考えられる。

だが、それ単体だけでは愚にもつかぬ妄想に、ある種の存在意義を与えてくれた存在としては、とあるブログのとある記事の占めるところが大きい。



筆者の曖昧模糊とした幻想に、ほかならぬある種の現実味を持たせてくれたほどに力ある記事である。

その秀逸さたるや、赤石のブログ界広しといえどそうそう見られるものではない。このように一種神がかり的なところすらある含蓄に富んだ名記事を、筆者のような浅学の徒、愚昧なる弱卒が紹介するのは、言うまでもなく分を弁えぬ所業であろう。

しかしそれを重々察知しつつ、それでもなお喧伝したいという衝動に堪えかねた結果として、ここに紹介させていただく。




その記事とは、Green様”赤石とリアル”という記事である。

現実と赤石世界をリンクするその行為を良しとする方のうち、もし当記事をご存じない方は是非にご覧いただきたく思う。






いかがであろうか。


冷静な視点と精妙な考察に始終し、その解説は朗々として一切の淀みがない。加えてそれらが非常に高度かつ精緻な文章で纏められた、正真正銘に卓抜した記事と言えよう。


少なくとも、どこぞのどうしようもないブログや、あのへんの救いようのないブログとは大違い、というよりもそもそもの次元が異なるために比較する事すらかなわぬ。



本来であれば、この素晴らしい記事の内容を吟味・吸収し日々の糧にしていくべきなのだが、本日の記事においては、これに敢えて筆者の妄想を適用していきたいと思う。

そこで畏れ多くはあるが、あの記事の大変濃厚かつ価値ある内容を、箇条書き方式にしていくつかまとめておきたい。



○赤石における1座標 = 現実世界での2/3メートル

○我々は赤石世界を水平方向からなす角30°で見下ろしている









さて。

この素晴らしき二つの事実を、筆者の妄想の中へと無理やりねじ込んでいくわけだが…………その前に。


Green様のブログではリトルウィッチの身長を求められていたが、ここは戦士ブログである。



よって先に、戦士の身長を求めておこう。






計測方法はGreen様に提示されたそれと同く、斜め右下を向いた状態で計測を行う。







まずは大正義、クラシックグラフィック。

クラシックグラ戦士身長測定

大体70pxであるため、換算すると約81cmとなる。









続いて新グラフィック。

新グラ戦士身長測定

クラシックより少し背が伸びているようで、およそ76px
換算して約88cm











最後に水着コスチューム。

ゴキゲン麦わら野郎身長測定

新グラフィックと比べればほとんど誤差レベルだが、おおよそ77px。こちらも換算すると約89cmとなる。







おおよそ80cm~90cmの範囲に収まる計算である。

Green様の記事にもある通り、成人男性のおよそ半分の身長ととらえても問題はないだろう。







我らが戦士のおおよその身長も判明したところで、早速妄想に耽るとしよう。


まずは前回の記事同様、戦士の跳躍力を考えてみる。





これがジャンプの最高高度。

ジャンプ最大高度縮尺つき











そして現実の尺度としてはこれを採用する。

電話ボックス
※地元の電話ボックス。


電話ボックスの図をご覧になってピンと来た方もあるかもしれないが、これは往年の筋肉番付でしばしば用いられていた、モンスターボックスの高さを示す指標でもあった。大体2m26cmである。







つまりこうなる。
電話ボックス縮尺つき


かの番組における最高記録は大体3m10cmくらいであったようだが、この戦士、ロイター版も助走もなしにそれを凌駕するわけである。













ついでにワイルドスタンプの最高高度。

ワイルドスタンプ最大高度縮尺あり


先ほどより約1m高い。











というわけで今度はこれを尺度として採用。
明治神宮の灯篭と成人男性
※明治神宮の灯篭。
隣に示したのは身長約170cmの成人男性の人型。




この灯篭、意外と背が高く約3.4mほど。












つまりこうなる。
明治神宮の灯篭と成人男性縮尺つき


高い。














……む。

そういえば、実際の戦士の大きさを提示していなかった。


実際の大きさで戦士を放り込むと、


明治神宮の灯篭と成人男性と戦士(科白つき)
こう。









明治神宮の灯篭と成人男性と跳躍戦士(科白あり)
そしてこう。





先ほども言及したように、戦士の身長はおよそ80cm~90cmである。


とある統計によれば、この身長は1歳7ヵ月~2歳6ヵ月くらいの男の子の平均身長に匹敵する。

また別の統計によると、赤ちゃんが一人で歩けるようになるのが1歳前後であるという。


ようやく一人で歩けるようになったかなあと思ったら、突如として大斧を携え裂帛の気合と共に電話ボックスやら灯篭やらを跳び超える。母親としては卒倒ものだろう。












続いて戦士のジャンプの射程について妄想してみよう。

戦士のジャンプの最大射程がたったの10mしかないことは前回の記事で述べたばかりである。


この10mという数値、ゲーム上ではかなり残念な射程なわけだが、現実ではどうか。

これも試してみる必要がありそうだ。




しかし先ほどは電話ボックスを跳んでみたり、灯篭を跳んでみたりと問題行動が目立ってしまった。


ふとした瞬間に忘れてしまう事があるが、戦士とは常に紳士でなくてはならぬ。







さて、現実の世界で紳士と聞いて思い浮かべるものといえば………

やはり英国紳士だろうか。

それでは英国紳士の象徴ともいえるものを引き合いに出してみよう。



Churchsロゴ

英国紳士の足元を支える、英国靴の代表的ブランドである。


プラダに買収されその傘下に加わってからはそのコストパフォーマンスの高さに陰りが見えるようになったものの、今なお世のオヤジ達にとっての憧れの的、トップブランドのひとつであることに変わりはない。

その歴史の長さにも関わらず、未だロイヤルワラントを申請していないところも職人気質と言うか、一味違うというか。

もっとも、筆者としてはやはり73ラストが恋しいところではあるが。現行の173ラストももちろんすごく良いのだが、なんというかあの73ラストが全体的に醸し出す独特な武骨さというか、それこそが(以下略











さて、そんなChurch'sであるが、路面店がちゃっかり表参道にオープンしていたりする。
Churchs正面

撮影した時間帯が少々悪かったようで、なんだか妙に地味に見える。

もともと派手さを売りにするところでもないだろうが。











そしてサイズはこのくらい。
Churchs正面縮尺つき

大体10mくらい。

これは丁度良い。さすがは紳士の象徴である。









実際に跳んだらこんな感じか。
Churchs正面跳躍






……ん、何?

だんだん適当になってきただと?何をおっしゃるか、いつものことである。














さて、ここまで妄想してきて感じたことがひとつ。


戦士の跳躍力の凄みを伝えるべく、妄想を現実に無理やりねじ込んでいたのだが……実際に編集しているとむしろ、戦士の小ささの方が目立つような気がする。


無理もない、何せ普段キャラクターを動かすのに”こいつは1歳児と変わらぬ身長なのだ”と念頭に置いて動かしているような奇特な人物などそうそういまい。













……む?

ということは。













ここは古都の案山子前。

案山子と剣士


その前に来るは4転の剣士。


しかも真っ赤なサバイバル状態。何が彼をそうしたのかは分からないが、これは相当トサカにきているようだ。


ここからカンスト3フレ12分身のパラを案山子に浴びせるのはもはや既定路線であろう……!!!果たして案山子の運命やいかに……!!!





………といったような、案山子としては実に絶望的な状況を考えてみよう。











そしてこの状況に、ちょっとだけ手を加えてみる。







案山子と剣士(説明つき)





















案山子と剣士(科白)




これが赤石におけるコペルニクス的転回であったとか、なかったとか。





| すべては戦士の地位向上のために【現実弱化90%ドラツイ】ホーム |

コメント

なかなか面白かったです
戦士まだやってます?

実写にコラすると、急に妖精にみえてきたのは私だけ??

Re: タイトルなし

> 戦士マスター

ありがとうございます。
はい、数々の逆境もめげず、知識型ではあるものの未だ戦士として生きながらえておりますれば。
それにしても、シンパシーを感じずにはいられぬ名前でございますね。

Re: タイトルなし

> 戦士マスターさん

敬称略にしてしまいました、失礼いたしました。
紳士たる戦士としては失格ですね。精進します。

Re: タイトルなし

> 蒼の戦死☆さん

ありがとうございます。
私も編集していて丁度そんな気がしておりました、これを奇遇と言わずなんと言うのでしょうか。
この観念、いずれ学説として定着するやもしれませんね。

原宿すぐ近くなんでこの記事見たら思い出すだろうな

Re: タイトルなし

> 戦士マスターさん

続けてありがとうございます。
記憶は様々なものとつながっていると申しますから、それも十二分に有り得る話なのかもしれませんね。

物理剣士と知識戦士はどっちのほうがつよいんですか!!!!????

Re: タイトルなし

> タイガーツイスター大帝さん

ありがとうございます。
両者の雌雄については考えたことがなかったですね。実際にやっている身からはその発想すら出てこなかったので、察するに他職をメインにされている方でしょうか。興味深い視点であるように思います。

ただ現状、物理・知識双方とも希少職あるいは珍職などと呼ばれるほどの生息数しかおらぬものですから、ここは両者の比較によって凌ぎを削るよりも、"戦士"という宗旨のようなものとして、いっそ一括りにカウントしてしまいたい気分です。

Re: タイトルなし

> タイガーツイスター大帝さん

失礼しました、物理"剣士"と知識"戦士"との比較でしたね。人間、ある程度齢を重ねるとどうも近いものが見えづらくなるようで困ります。
知識範囲職と単体物理職ということで単純な比較はできませんが、街なんかで見かける頻度、対人戦に参加している職比率あたりを眺めると、少なくとも人気においては物理剣士が圧倒していそうです。特に対人戦に関しては同時多段物理スキルが物を言う仕様ですから、実に自然な流れと言えるのでは、と。

ありがとうございます!知識アーチャーをやることにします!!!!!!!!!!!!!

Re: タイトルなし

> タイガーツイスター大帝さん

知識雨も実に良いですよね、攻守両面に優れた才媛とでも言えましょうか。
知識職が隅に追いやられている現状、仮に同志が生まれるとあればそれは非常に喜ばしい事です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://miroquois.blog.fc2.com/tb.php/52-c8c93e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。