FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だ辺境の地を訪れる奇特な方々へのお知らせ



- 当記事はリアルの話を多分に含みますので、趣味でない方はお見捨ておきください。 -



こんばんは。
すべては戦士の地位向上のために【現実弱化90%ドラツイ】
筆者のRaretsu(ゲーム内では羅列)と申します。

未だこのような辺境ブログに足を運んでいただいている方がおられる、ということにある種の戦慄と、何よりこの上ない至福を覚えつつ、ひとつご報告をさせていただきたく存じます。


当ブログの更新は、この記事を最後といたします。


これは戦士の地位向上への想いが薄れたとか、戦士の未来に絶望したとか、戦士に失望したとかいった宗教的な理由でもなければ、タティリスの心臓を素手で掴んで皮膚がただれてプレイできなくなったとかいう求道者的な理由でもまたありません。近く海外赴任が決まったため、赤石に物理的にログインができなくなるためブログの更新もこれに同期する、という何とも現実的でつまらないほど単純な理由です。
(赴任地が北米なので、北米版がまだあるならそっちにはログインできるのでしょうが…まあそれはそれとして)

このブログでは90%もの現実を弱化し、それはもう好き勝手、好き放題やっておりましたが……これほど長く続けた赤石に終止符を打ったのは、他ならぬ10%の現実でありました。
現実とはかくも強いものであると実感した次第です。



筆者個人としては未だに戦士を深く愛しています。
そして将来的な地位向上、そこからの大いなる飛躍を確信しています。

同時に赤石の未来も案じております。このゲーム、欠点を挙げればキリがないのは確かですが、同時にそれを補ってあまりある魅力にも溢れていると思うのです。




残念ながら筆者はここで席を外しますが、今後も先へ進まれる方は、どうぞ道中お気をつけて。





それでは戦士の前途多望な将来と繁栄を信じつつ、ここで筆を置くことにいたします。






ここまでご覧いただいた皆様に、最大の感謝を。

これまで、本当にありがとうございました。


全員ではないが集合







P.S.

筆者は席を外すことにしますが、この子は赤石世界に留まると強く主張しています。
超強調テッド

今後とも、かわいがってあげてください。



| すべては戦士の地位向上のために【現実弱化90%ドラツイ】ホーム |

コメント

御栄転(?)おめでとうございます。閣下がいなくなるのは寂しいですが、現実世界でのますますのご活躍をお祈り申し上げます。


先生の次回作待ってます!

おつかれさまでした
やや狂気を感じるブログ素敵でした


ちゃっかりテッド残していくの草

お疲れ様でした!
リアルRS企画の次回作を楽しみにしてましたが、そういう都合があるなら仕方ないですね…
今後のご多幸をお祈りしております!

P.S.
REDSTONEは周回遅れくらいのバージョンのグローバル版がSteamでダウンロードできます!^^(日本以外)

マジかよ仕事辞めてもらえませんか?

Re: タイトルなし

> 何年ものあいだ通りすぎるフリして愛読してましたさん

ありがとうございます。
通り過ぎずに辛抱強く眺めてくださった方のおかげで、ここまで楽しくやってこられました。
よくわからないブログの内容にも関わらず読み続けてくださったとは、さぞや大変な忍耐力をお持ちのことと推察いたします。
今の筆者には到底無理そうな大業、ぜひとも見習わせていただきたく。

長年にわたり、本当にありがとうございました。

Re: タイトルなし

> 名もなき読者さん

ありがとうございます。
どなたからのコメントかははっきり覚えていませんが、デスクトップ画面に狂気を感じると言われたことを思い出しました。
そういう意味では"やや"で済ませていただいたあたりに、温情を感じずにはいられません。
テッドは筆者の手には負えませんので残していきます。すみません。

Re: タイトルなし

> S鯖の愛読者さん

ありがとうございます。
リアル企画についてご興味を持っていただけていたとは…!
筆者としてもリアル企画第2弾は気合を入れて準備していたのですが、肝となる材料である大線径ピアノ線の調達にてこずっている間に、状況が様々変化してしまいました。
ただ今回の記事を書くにあたり、もう一度あの記事を読み返し……我ながら本当に、正気の人間が書いた記事とは思えませんでした。そういう意味で非常に思い残しがある題材でもあります。このブログではついぞ書けませんでしたが、いずれどこかで”リアルブレイズデバイスの製作秘話”を書ければ本望です。
ちょっと熱くなってしまいましたが、これまで愛読いただき本当にありがとうございました。

赤石以外は本当に全くゲームをせずとんと疎いもので、Steamとの存在初耳でした。
実際にSteamでやってみる…かどうかはわかりませんが、ともあれ情報提供ありがとうございます。

Re: タイトルなし

> nonameさん

ありがとうございます。
いずれは辞めて次に行く、という心が読まれたようで戦慄しました。
時期は残念ながらまだ少し先ですが。

個人的にですが、こういう風に直球のコメントを投げかけられるのは、間違いなくセンスのある人だと思っています。

赤石から逃げるな

RSブログがどんどん少なくなる中、毎回更新を楽しみにしていました。
特にゴリゴリの画像加工記事が好物でした。(昔はそういうブログ多かったですが、最近のブログだと唯一だったのでは?)
RSブログ界はちょっと(というかかなり)寂しくなりそうですが、リアルでのご多幸、お祈りしています!

Re: タイトルなし

> John Doeさん

激励ありがとうございます。
筆者としては今も昔も、心は常に赤石とともにある所存です。そういう意味では逃げるにはあたらないどころか、少年野球風に言うなら「バッチ来い」な状態とすら言えるのではないか、と考えています。
ただ、今回ばかりは現実がそれらを超えて迫ってきてしまったと言いますか……まさに”現実から逃げるな”といったところでしょうか。

Re: タイトルなし

> V鯖の愛読者さん

ありがとうございます。
このブログの更新は訳の分からない妄想と、よくわからない画像加工くらいしか取り柄がありませんでしたので、そこをポジティブに受け取っていただけて大変嬉しく思います。ご指摘通り、年端もいかないNPCの少年を(悪意ある)画像加工でここまで悪者に仕立て上げたブログはないかもしれません。
最後まで優しいコメントありがとうございます。ご愛読いただき、ありがとうございました。

ベイダー卿の流れでここに来て
そしてついにここも終焉という小休止を迎えることになるとは・・
現実は無情である。

米国ではパツキンのねーちゃんとキャッキャウフフしてきてね。
でも米国なのでチキンバスケットを片手に持った茶髪のガッチリしたねーちゃんだろうけど

Re: タイトルなし

> 春巻きさん

本日に至るまで幾度となくコメントを頂けて、誠にありがとうございました。同じく希少種ドラツイを駆る者としてのコメント、得難いものでした。
またベイダーさんの流れからであったとは、大変に光栄です。筆者も、彼の方の記事を穴が空くほど拝見したものです。

お気遣いありがとうございます。赴任先は割とアジア人の多い地域のようなので、小脇に抱えているのはチキンバスケットどころか、小籠包かもしれませんが…。

RSはもう1年以上ログインしてませんが、ファンでした。

Re: タイトルなし

> toorisugariさん

ありがとうございます。
こうして今コメントをいただけて、ブログをやってて良かったなと切に感じます。

メモ(テッド)

Re: タイトルなし

コメントくださった方へ

下書きを予約投稿にしてしまっていたのか何なのか、筆者自身でももはやよく覚えていませんが、大分前に書いていたメモが誤って投稿されてしまったようです。
記事ではありませんので、既に削除いたしました。ご指摘いただきありがとうございます。

メモ(テッド)


フヒヒ・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://miroquois.blog.fc2.com/tb.php/101-3ccf2c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。